the phenomenological association of japan

日本現象学会

The Phenomenological Association of Japan


| HOME |

更新日 2017-4-27 | 作成日 2008-05-25

What's New

2018.3.

お願い
2018年度会員名簿の作成について

会員名簿の登録情報に変更のあった方は、下記のグーグルフォームからご記入ください。


https://goo.gl/forms/G3ziknS3PMqnz2nt2

2018.8.7.

お知らせ
公開シンポジウム+合評会「差別と人種の現象学」


以下の日程で公開シンポジウム+合評会「差別と人種の現象学」が開催されます。

シンポジウム「ムスリム女性のヴェールをめぐる学際研究」

2018年8月21日(火):14:00-17:00
立教大学池袋キャンパス 5号館5124教室

概要:欧州におけるムスリマ・ヴェールをめぐる問題の内に西洋中心的な見方を批判するAl-Saji氏の論考を手掛かりに哲学、文化人類学、ジェンダー法学、現代イスラーム研究の視点からヴェール表象の可能性を模索する。

司会 後藤絵美(東京大学)
14:00-14:30
Alia Al-Saji(McGill University):
"The Racialization of Muslim Veils"
14:30-15:00
塩谷もも(島根県立大学):
"The Meaning of Veiling in Contemporary Indonesia(仮)"
15:00-15:30
清末愛砂(室蘭工業大学):
"Women's Struggle and its Wise Use of Veil - a Case Study of Afghan Feminist Movement"
15:40-16:20
コメントと全体討議

※主催:立教大学文学部 共催:科研費「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」

ヘレン・ンゴ『人種差別の習慣』合評会

2018年8月24日(金):14:00-18:00
立教大学池袋キャンパス 11号館A302教室

概要:メルロ=ポンティ、サルトル、ハイデガーをてがかりに、現象学的観点から、人々に根付く人種差別的な習慣に切り込んだ、いま北米で話題となっている著作の合評会。

司会 田中彰吾(東海大学)
14:00-14:15
自著紹介:Helen Ngo(Deakin University)
14:15-15:15
若手研究者による書評:
赤阪辰太郎(大阪大学)、酒井麻依子(立命館大学)、田村正資(東京大学)
15:15-15:45
著者からのレスポンス:
Helen Ngo
16:00-16:25
問題提起:
小西真理子(大阪大学)
16:25-16:35
著者からのレスポンス:
Helen Ngo
16:50-17:40
全体討論

※主催:科研費「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」、共催:メルロ=ポンティ哲学研究会

シンポジウム「差別と人種の現象学」

2018年8月25日(土):13:00-18:00
立教大学池袋キャンパス 5号館5124教室

概要:差別・人種問題を、身体知や技能知に関する現象学の観点から検討することを試みる。

13:00-15:30
セッション1(司会:小手川正二郎)
堀江有里(法政大学)
"タイトル未定"
Michael Gillan Peckitt(大阪大学)
"Gaijin Stories: Kuki Shuzo and I"
Helen Ngo(Deakin University)
"Simulating the Lived Experience of Racism and Islamophobia: On 'Embodied Empathy' and Political Tourism"

15:45-17:40
セッション2(司会:河野哲也):
Alia Al-Saji(McGill University)
"A Phenomenology of Cultural Racism"
池田喬(明治大学)
"Phenomenological Approach to Implicit Bias"

※主催:立教大学文学部、共催:科研費「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」、「北欧現象学者との共同研究に基づく傷つきやすさと有限性の現象学」

2018.6.12.

お知らせ
Setouchi Philosophy Forum:
Bridging Analytic and Phenomenological Approaches


以下の日程でSetouchi Philosophy Forumが開催されます。詳細はリンク先のプログラムを御覧ください。

日時:6月30日(土)・7月1日(日)
場所:広島工業大学広島校舎3階301教室


プログラム:https://drive.google.com/file/d/1D3GxiOq4o6CtQPwoZwiqSZ5VmabPiggZ/view?usp=sharing

連絡先:宮園健吾(広島大学)miyazono[at]hiroshima-u.ac.jp
[at]は@にかえてご連絡ください。
瀬戸内哲学研究会:https://setouchi-philosophy.weebly.com/

2018.3.22.

お知らせ
研究大会個人研究発表・ワークショップの募集

第40回研究大会(東京大学・本郷キャンパスにおいて2018年11月17、18日開催)で発表を希望される方、ワークショップ開催を希望される方は、要領を読み、発表要旨を事務局へwordファイルを添付のうえ、電子メールにて提出してください
 *発表要旨は電子メールにて受け付けます。
 *外国語(英語・ドイツ語・フランス語)での発表が可能になりました。
  (Please check this page for the details.)


詳しくはこちらをご覧ください。

2018.3.22.

お知らせ
Registration for the Summer School in Phenomenology and Philosophy of Mind 2018

The Summer School will take place August 13-17 at the University of Copenhagen.
(website)http://cfs.ku.dk/ summer-school-2018/


The Summer School will provide essential insights into central themes within the philosophy of mind, viewed from a phenomenological perspective. It will consist of a mixture of keynote lectures, PhD presentations and seminars (32 hours total), aimed at advanced MA students and PhD students. Post Docs are also encouraged to apply.

The keynotes for this year’s summer school are:
• Søren Overgaard, University of Copenhagen, Denmark
• Mark Rowlands, University of Miami, USA
• Fredrik Svenaeus, Södertörn University, Sweden
• Tanja Staehler, University of Sussex, UK
• Dan Zahavi, University of Copenhagen, Denmark

Deadline for registration is May 8, 2018
Early Bird registration fee (until April 3) is 850 DKK including VAT.
Regular registration fee (from April 4 - May 8) is 1000 DKK including VAT.


The fee covers coffee, one common dinner, a reception at the Center for Subjectivity Research and an excursion in Copenhagen.
For further registration information, visit the web page:
http://cfs.ku.dk/summer- school-2018/registration/
フライヤーはこちら

2018.3.15

事務局からのお知らせ
事務局だより(2018年3月)


一部、プライバシーに配慮し、郵送でお送りしたものから変更しておりますので、ご了承ください。

まだ事務局便りが届いていない方は、住所が不明になっているケースが考えられます。事務局までその旨のご一報をください。

事務局便り電子版(pdf)


2018.3.8.

お知らせ
「研究奨励賞」について

2018年度の第7回受賞者は、横山陸氏(「マックス・シェーラーにおける「感情の哲学」)に決定いたしました。


研究奨励賞の詳細および過去の受賞者についてはこちらをご覧ください。

2018.2.20

お知らせ
公開シンポジウムとB.アンドリュー講演会
間とあいだの比較現象学

♦3月13日(火):立教大学池袋キャンパス本館1201教室
午前:B・アンドリュー講演会 1
「身体による学習」(英語:通訳なし)

10:00-11:30 ベルナール・アンドリュー(Bernard Andrieu)
“Learning through the Body : the lLiving Body in Circus Art”
11:30-12:30 アレクサンドル・ルジャンドル(Alexandre Legendre)
How Does the Ma Notion Question Western Ways of Thinking the Body?
I : The Incompatibility of the Ma Notion with (Some) Western Traditional Ways of Thinking the Body

♦3月13日(火)
午後: シンポジウム・セッション1
「間とあいだの現象学:さまざまなアプローチ」(日本語)

13:30-14:10 織田和明
「偶然と可能のあいだ」
14:10-14:50 氏家悠太
「「音声言語」と「物体認識」の視聴覚統合の発達」
14:50-15:30 國領佳樹
「グルーブとは何か?:聴覚と身体感覚のあいだ」
15:30-15:50 休憩
15:50-16:30 源河亨
「芸術的パフォーマンスにおけるネガティヴな行為」
16:30-17:10 関本幸
「顔と人種の現象学」
17:10-18:00 河野哲也
「離見の見と間合い」

♦3月14日(水):立教大学池袋キャンパス本館1201

9:00-9:10 二日目・開会の挨拶

午前 セッション2
「間とあいだの現象学:心理学的アプローチ」(日本語)

9:10-10:10 友野貴之
「「間」を破る:人は, 人と人の間をどのようにして通り抜けるのか」
10:10-11:10 樋口貴広
「隙間通過行動に見る歩行中の「間」のとりかた」
11:10-12:10 諏訪正樹
「身体知としての着想・間合いー体感を科学する必要性ー」(仮)

午後 セッション3
「間とあいだの現象学:哲学的アプローチ」(英語:通訳なし)

13:00-14:00 河野哲也
「態(わざ)と音楽性」(Technique and Musicality)
14:00-15:00 奥井遼
「動きを導く身体的コミュニケーションー身体芸術学校の稽古から」(The Communication Leading a Movement: a Training Session in the Performing Art School)
15:00-15:15 休憩
15:15-16:15 アレクサンドル・ルジャンドル(Alexandre Legendre)
Deuxième intervention :
"How Does the Ma Notion Question Western Ways of Thinking the Body?"
II : New Ways of Thinking the Body in the West : an Opening to the Ma
16:15-17:15 ベルナール・アンドリュー(Bernard Andrieu)
"Embodied Interculturality in My Hybrid Body"
17:15-18:00 全体討論
18:00-18:05 閉会の挨拶

♦3月16日(金):立教大学池袋キャンパス6号館6201
ベルナール・アンドリュー講演会2(英語:通訳なし)

15:15-16:15 アレクサンドル・ルジャンドル(Alexandre Legendre)
"How the Mind-Body Problem Impacted Western Ways of Thinking the Movement"
16:15-17:30 ベルナール・アンドリュー(Bernard Andrieu)
"Emersiology and Microphenomenology: the Philosophical Debate in France"


フライヤーは上の画像をクリックしてください。
主催:科研費助成事業「新学術領域研究」トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築(顔・身体学)
顔と身体表現の比較現象学(代表:河野哲也)
http://kao-shintai.jp/index.html
共催:立教大学文学部

2018.1.30

お知らせ
コペンハーゲンサマースクール(2018)
Copenhagen Summer School in Phenomenology and Philosophy of Mind

The Copenhagen Summer School in Phenomenology and Philosophy of Mind is an annual event organized by the Center of Subjectivity Research and co-funded by the PhD School at the Faculty of Humanities, University of Copenhagen.

Place:

University of Copenhagen, Njalsgade 134 (entrance from Emil Holms Kanal 2) Aud. 22.0.11, Copenhagen

Time:

13-17 August 2018

Topics:

Intentionality, Perception, Memory, Corporeality and Intercorporeality, Illness and Suffering, Enactivism, Methodology, Qualitative research. The Summer School will provide essential insights into central themes within the philosophy of mind, viewed from a phenomenological perspective. It will consist of a mixture of keynote lectures, PhD presentations and seminars (32 hours total), aimed at advanced MA students and PhD students. Post Docs are also encouraged to apply.

Registration:

The Summer School is primarily open to advanced MA students, PhD students or Post Docs in philosophy or related fields.Deadline for registration is 8 May 2018.

詳しくはhttp://cfs.ku.dk/summer-school-2018/をご覧ください

2018.1.27

お知らせ
リサーチサマースクール(ワルシャワ)

CALL FOR APPLICATIONS
Research Summer School in Genetic Phenomenology
Edmund Husserl’s C-Manuscripts. An Open Project
Warsaw 2018


The first International Research Summer School in Genetic Phenomenology will take place in Warsaw from September 24th to 28th 2018 at the Institute of Philosophy and Sociology / Graduate School for Social Research, Polish Academy of Sciences
Participation is free of charge, but a registration is required.
(Deadline: May 31st 2018)

詳しくは http://www.husserl.phil-fak.uni-koeln.de/36371.html をご覧ください。

2018.1.6

お知らせ
2018年度第40回研究大会について

場所:東京大学・本郷キャンパス
日付:2018 年 11 月 17,18 日
で開催されます。


発表の申し込みなど、詳細は後日更新いたします。

2017.12.18

お知らせ
東アジア哲学会議「現象学・臨床哲学・倫理学を繋ぐ」

場所:大阪大学会館アセンブリー・ホール
日付:2018 年 1 月 29 日(月):東アジア哲学会議 [09:00-18:00]
主催:大阪大学臨床哲学・倫理学研究室
共催:中国・広州中山大学、香港中文大学、台湾・政治大学、陽明大学、科研共同研究「傷つきやすさと有限性の現象学的研究」
言語:日本語、中国語


詳しくは、下記のページ参照:
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~cpshama/clph/EAMP_20170129.pdf


2017.11.26

お知らせ
シンポジウム「価値論争再考」

場所:一橋大学(西キャンパス)職員集会所
日時:12月2日(土)14:10〜17:40
アクセス:JR中央線国立駅下車南口から徒歩約10分
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/kunitachi.html


プログラム:
1) Professor Dr. Eugene Kelly (New York Institute of Technology):
“Phronesis and Material Ethics of Value”
2) Dr. Jan Strassheim (Keio University):
“Alfred Schutz and the values of the ‘well-informed citizen’”
使用言語:英語(講演原稿の翻訳の配布、質疑応答には簡単な通訳もつきます)
主催:一橋大学社会思想共同研究室
問い合わせ:yoko0603[at]gmail.com(一橋大学・横山陸)事前申込みは不要です。([at]を@に変更の上ご連絡ください。)
詳しくはこちら(pdf)をご覧ください。

2017.11.15

公開シンポジウムのお知らせ
トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築(第2回)

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)303号室
日時:2017年12月2日(土)14:00-18:00


プログラム:
14:00-14:15 床呂郁哉(AA研)
趣旨説明
14:15-14:25 山口真美(中央大学文学部)
「多文化をつなぐ顔と身体表現」
14:25-14:55 渡邊克巳(早稲田大学理工学術院)
「潜在的な顔身体コミュニケーションと個人差」
14:55-15:25 高橋康介(中京大学心理学部)・島田将喜(帝京科学大学生命環境学部)・大石高典(東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター)・錢琨(九州大学持続可能な社会のための決断科学センター)
「続・顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究」
15:25-15:40 休憩
15:40-16:10 田中みわ子(東日本国際大学健康福祉学部)
「身体表現にみる眼差しのダイナミクス―障害をめぐる文化的差異に着目して」
16:10-16:40 小手川正二郎(國學院文学部)・國領佳樹(立教大学文学部)
「顔身体の現象学―概要と展望」
16:40-16:55 休憩
16:55-18:00 総合討議

<本公開シンポジウムに関するお問い合わせ先>
AA研担当事務局 infokj@tufs.ac.jp
<新学術領域「顔身体学」に関するお問い合わせ先>
顔身体学事務局: contact@kao-shintai.jp
領域サイト: http://kao-shintai.jp


2017.11.15

国際学会のお知らせ
Organization of Phenomenological Organizations (OPO) 6 Conference
“Phenomenology and Practical Life.”

Memphis, TN
January 3-6, 2019


We are now accepting submissions for the upcoming meeting of the Organization of Phenomenological Organizations (OPO) in Memphis from Jan. 3-6, 2019 at the historic and elegant Peabody Hotel in downtown Memphis just a few blocks from the Mississippi River.
The theme will be “Phenomenology and Practical Life.” Early-bird registration for just $25 until June 1 also opens soon.
Further information about the conference, lodging, and submission of papers is available at www.memphis.edu/opo
For general information about OPO and its previous meetings, please visit o-p-o-phenomenology.org

詳しくはこちらをご覧ください。


2017.11.15

お知らせ
日本現象学・社会科学会第34回大会

場所:東京大学本郷キャンパス法文2号館2階 一番大教室
日時:2017年11月25日(土)


プログラム:
12:30 受付開始
13:00 一般報告
13:00-13:45小松伸二 (立正大学大学院)「自然主義的観点と現象学的観点からみた情動現象について」
13:45-14:30 総会
14:30~17:30 シンポジウム「当事者の声を聴くことから研究へ」
提題:
西村ユミ(首都大学東京)「遺伝性疾患患者の語りと時間経験の構 造」
白井千晶 (静岡大学)「「打ち明ける」-リプロダクションの構築主義的ラ イフストーリー・インタビュー」
特定質問者 稲原美苗 (神戸大学)
司会: 浜渦辰二 (大阪大学)
    榊原哲也 (東京大学)

18:00~ 懇親会(居酒屋「羅針盤」)
※ シンポジウムの企画趣旨とお二人の提題者の提題趣旨については、学会HP(http://jspss.org/taikai34 .html)をご覧ください。


事務局からのお知らせ

お詫び(2017.10.20)


プログラム発送の際に出欠確認の葉書を入れ忘れてしまいご迷惑を おかけしております。
以下のグーグルフォームでご出欠の確認及び住所変更を承っており ます。
https://goo.gl/forms/4CUFq5gShZ5OFnYH3
お手数ですが、ご入力いただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

日本現象学会事務局
大阪大学・村上靖彦


2017.10.30

第17回河合臨床哲学シンポジウム
「非人称・前人称・無人称」

場所:東京大学弥生講堂一条ホール
日時:12月10日(日)11:00~18:00
参加費:1000円(学生は無料)


詳しくはこちらのパンフレット(pdfファイル)およびポスター(pdfファイル)をご覧ください。


2017.10.31

第39回研究大会プログラム

2017年11月11、12日、大阪大学吹田キャンパスにて第39回研究大会が開かれます。
参加費:500円

プログラム・要旨集が完成しましたので、ご覧ください。

障害のある方のための質疑応答などに対する補助について
男女共同参画・若手研究者支援WGからの提案によって、障害のある人のための質疑応答などに対する補助について配慮することになりました。
つきましては、補助を必要とされる方は、準備の都合上、事前にご事情についてご連絡くださいますようにお願いいたします。

会費納入のお願い
日本現象学会の学会費(平成29年4月~平成30年3月)は年間3000円です。封筒宛名の右下に表示されている数字は、納入が必要な額(1年度分であれば3000、2年度分であれば6000。また、これまでに余分に納入されている方についてはそれを差し引いた額)を表示しています。会費を先払いされている方は0と表示されます。
5年以上会費を滞納された場合は、自動的に除籍処分(滞納分を納入しない限り再入会不可)になります。封筒の数字が15000以上の方は、今年度中に会費を納入しない場合、除籍となりますのでご注意ください。
3年以上会費を滞納した方には、年報の送付が停止されますので、この点についてもご注意ください。
大会当日に受付にて会費納入を承りますのでよろしくお願いします。

第39回研究大会プログラム(10.31修正)
要旨集
シンポジウム要旨
シンポジウム発表者要旨(11.7修正)
ワークショップ要旨


また、詳しくは
こちらをご覧ください。

2017.10.13

講演会のお知らせ
ダン・ザハヴィ教授講演会

コペンハーゲン大学主観性研究センター所長のダン・ザハヴィ教授(Prof. Dan Zahavi)をお迎えして下記の通り講演会を開催いたします。


From White to Black and Back Again: Empathy, Alterity, Morality

場所:同志社大学室町キャンパス寒梅館6階大会議室
日時:10月19日(木)17:00‐18:30
使用言語:英語

主催:同志社大学文学部哲学科
共催:同志社大学文化学会
*事前申し込み不要・入場無料

詳しくはこちら(外部リンク)をご覧ください。


2017.9.28

第9回 PBJ (Project Bergson in Japan) 国際シンポジウム 2017
『物質と記憶』を再起動する
 ——拡張ベルクソン主義の諸展望


場所:法政大学・明治大学・京都大学
日時:10月26日・27日・29日

登壇者一覧(順不同):Fédéric Worms(ベルクソン哲学)、Barry Dainton(分析形而上学・時間論)、Paul-Antoine Miquel(生物の哲学)、Anne Lefebvre(美学・シモンドン)、Steven D. Brown(社会心理学)、谷淳(人工知能・ロボティクス)、安孫子信(フランス思想)、杉村靖彦(宗教哲学)、平光哲朗(ベルクソン哲学)、永野拓也(ベルクソン・数理哲学)、三宅陽一郎(ゲームAI)、村上靖彦(現象学的な質的研究)、平井靖史(ベルクソン哲学)

主催:平成29年度科学研究費補助金・基盤研究(B)
「ベルクソン『物質と記憶』の総合的研究
―国際協働を型とする西洋哲学研究の確立」
(課題番号:15H03154)
後援:ベルクソン哲学研究会、法政大学、明治大学、京都大学
福岡大学、九州産業大学


(代表)福岡大学・平井靖史
(連絡先)hiraiya[at]fukuoka-u.ac.jp・092-871-6631
[at]を@に変えてご連絡ください。

詳しくはホームページ(外部リンク)をご覧ください。


2017.9.27

科研「傷つきやすさと有限性の現象学」第5回研究会
「老いという傷つきやすさの現象学」


日時:9月30日(土)13:00-17:30
会場:神戸大学文学部

プログラム
1)古怒田望人(大阪大学大学院人間科学研究科)
「レヴィナスにおける老いの時間的構造-ジャンケレヴィッチをとおして-」
2)川崎唯史(国立循環器病研究センター)
「生命倫理における弱者性/傷つきやすさ:現象学との関係に注目して」
3)筒井晴香(東京大学CBEL)
「TBA(GID/トランスジェンダーと老い?)」
4)石原孝二(東京大学大学院総合文化研究科)
「認知症の哲学」

詳しくは、次のポスターを参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~cpshama/Phenomen_Vulnerable/5thMeeting_PhVuLi_20170930.jpg

2017.9.13

講演会
フライブルク大学マルクース・エンダース教授連続講演


第1部:現象学「最も情緒的な価値応答としての愛:ディートリッヒ・ヒルデブラントにおける人格的愛の価値現象学的な理解について」

日時:10月6日(金)18:30〜
会場:上智大学(四谷キャンパス)7号館4階文学部共用室A
主催:上智大学文学部哲学科 長町研究室

連絡先:y-nagama[at]sophia.ac.jp(長町)
yoko0603[at]gmail.com(横山)
[at]を@に変えてご連絡ください。
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

第2部:中世形而上学・神秘思想「マイスター・エックハルトによるマイモニデスの『一性形而上学』の受容と変容」

日時:10月7日(土)14:00〜会場:早稲田大学(文学部戸山キャンパス)39号館第7会議室
主催:早稲田大学文学研究科哲学コース 田島研究室日時:10月7日(土)14:00〜
会場:早稲田大学(文学部戸山キャンパス)39号館第7会議室
主催:早稲田大学文学研究科哲学コース 田島研究室

連絡先:non.nisi.me[at]gmail.com(西村))
[at]を@に変えてご連絡ください。
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

どちらも入場料無料・事前予約不要です。発表自体はドイツ語ですが、日本語訳原稿が配布されます。また質疑応答には通訳がつきます。

ポスターはこちら

2017.9.4

お知らせ
コズマ教授哲学カウンセリング


ルーマニアの"Alexandru Ioan Cuza"大学のCarmen Cozma教授は、現象学がご専門ですが、臨床哲学としてEthical counselingを実践しておられて、哲学科の学部生や院生のキャリアとしてEthical counselingの素養をと考えておられます。この度、立正大学はCarmen Cozma教授を招聘して、下記講演会を開催することになりました。

Living a Balanced Life by Ethical Counseling

日時:9月15日 13:00-17:00
場所:立正大学品川キャンパス 第六会議室
*講演は英語で行われます。

Cozma教授を囲んでの哲学対話

日時:9月16日 10:00-15:00
場所:立正大学品川キャンパス 第六会議室
*哲学対話は英語で行われます

15日は山手通り口のエレベーターから8階に上がればすぐ会場です(11号館8階第6会議室)
16日は正門から入り、トークパレットを越えて右に曲がり、情報メディアセンターを右に見て進み、奥のエレベータで8階までおいでください。
http://www.ris.ac.jp/access/shinagawa/
http://www.ris.ac.jp/introduction/outline_of_university/introduction/shinagawa_campus.html

主催 立正大学
問い合わせ先 立正大学文学部哲学科教授 田坂さつき stasaka[at]ris.ac.jp

[at]を@に変えてご連絡ください。

2017.8.4

お知らせ
新学術領域研究「顔・身体学」
キックオフシンポジウムおよび公募研究説明会

新学術領域研究「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築—多文化をつなぐ顔と身体表現(略称:顔・身体学)」は,顔と身体表現に見られる文化的多様性を検討することにより,様々な文化が交わる現代における人々の相互理解と共生を考えるための研究の視座を提供することを目指して発足しました(平成29年度より5年間)。

つきましては,以下の日程にて,公募研究の説明会を兼ねた本領域のキックオフシンポジウムを行いますので,ご案内いたします。 参加登録および参加費は不要です。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

<関西地区>
日時: 9月10日(日) 15:45~16:45
場所: 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパスB号館103号室
(顔学会主催「フォーラム顔学2017」ジョイント企画)

<関東地区>
日時: 9月11日(月) 13:00~14:30
場所: 東京女子大学24号館24202教室)

【領域紹介】
山口真美(中央大学)

【計画班紹介】
A01-P01 顔と身体表現の文化フィールドワーク研究
床呂郁哉(東京外国語大学)
A01-P02 顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究
高橋康介(中京大学)
B01-P01 顔と身体表現の文化差の形成過程
山口真美(中央大学)
B01-P02 顔と身体表現における潜在的・顕在的過程
渡邊克巳(早稲田大学)
B01-P03 顔と身体表現における感覚間統合の文化間比較
田中章浩(東京女子大学)
C01-P01 顔と身体表現の比較現象学
河野哲也(立教大学)

<お問い合わせ先>
連絡先: contact[at]kao-shintai.jp
([at]を@に変えてご連絡ください。)
領域サイト: http://kao-shintai.jp


2017.5.22

研究会のお知らせ
第4回科研研究会
「傷つきやすさと有限性の現象学」

中澤瞳:Body schema and Theory of Feminist Phenomenology
中真生:Some Glimpses at Japanese Feminist Philosophy: In terms of Reproduction and Motherhood
浜渦辰ニ:An Introduction to the Joint Panel: Nordic/Japanese Scholars Session: The Phenomenology of Vulnerability - Birth and Aging
稲原美苗:A Feminist Phenomenological Study of the Lived World of Mothers Who Have Raised Children with Disabilities: Dialogues in Philosophy Café Sessions as Self-transformations
小手川正二郎:To have a Child and to become a Parent
浜渦辰ニ:On Dis/Ability in Husserl’s Phenomenology
Commentator:Michael Gillan Peckitt

場所:日本大学通信教育部(東京・市ヶ谷)41講堂
日時:2017年5月27日(土)13:00-17:30
使用:英語(翻訳・通訳なし)


ポスターはここをご覧ください。


2017.3.30

事務局移転のお知らせ

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1番2号
大阪大学人間科学研究科基礎人間科学講座現代思想研究室  
Tel. 06-6879-8075
Email:paj-office@pa-j.jp 

入退会、研究大会への発表申込などは、新事務局へお送りくださるようお願いいたします。



2016.6.26

『現象学年報』の掲載可否基準の公開のお知らせ


2016年3月の事務局便りでもお知らせしましたように、公募論文審査手順の公開が男女共同参画・若手研究者支援WGから提案され、昨年の委員会にて承認されました。

つきましては、『現象学年報』の掲載可否基準についてはこちらをご覧ください。



2015.10.24

リンク切れ修正のお知らせ

国内・海外サイトへのリンク切れを大幅に修正し、いくつかのリンクを追加しました。


このサイトについて

本サイトは、日本現象学会のホームページです。

事務局連絡先

日本現象学会事務局
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1番2号
大阪大学人間科学研究科基礎人間科学講座現代思想研究室
Tel:06-6879-8075
E-mail:paj-office@pa-j.jp

会費納入先

郵便振替
00980-9-109153