the phenomenological association of japan

日本現象学会

The Phenomenological Association of Japan


| HOME |

更新日 2016-3-29 | 作成日 2008-05-25

このサイトについて

本サイトは、日本現象学会のホームページです。

What's New

2016.5.25

Call for Papers for the 38th Annual PAJ Conference


The 38th Annual Conference of Phenomenological Association Japan will take place at Takachiho University, Tokyo, on November 26th & 27th, 2016.
The executive committee of PAJ invites Talk Proposals and Workshop Proposals on any topic relevant to phenomenology.
Workshop proposals must be based on joint projects on exploratory or experimental themes.
Please send all submissions to the secretary electronically at paj-office[at]pa-j.jp by Tuesday, May 31, 2016.(Please change [at] to @)


For the details, please check this page.


2016.5.17

公開シンポジウム
まちの技能、地域の創生


時間:2016年6月11日(土)13:00~
場所:立教大学池袋キャンパス1203教室
主催:科研費補助金研究「知のエコロジカル・ターン:人間的環境回復のための生態学的現象学」
参加費:無料


趣旨:
「まち」とは、人が自然環境を改変しながら、集団的な住処とした場所のことである。まちにおいては、全体と部分のさまざまなスケールにおいて、人間と場所がインタラクションし、それによって自然の中で集団生活する技能が生み出される。この「まち」において生み出されている技能を、生態心理学、とくにアフォーダンスの概念を駆使しながら探究することがこのシンポジウムの狙いである。単にまちの現状を分析するだけではなく、まちのなかで生活し、そこを利用している人たちの経験(ユーザーエクスペリエンス)をどのように場所のデザインに活かせるか、生活者と利用者(訪問者)がどのような形で設計に参加できるか、さらに訪問と利用を通して場所のどのような再設計と発展が可能かについても議論する。


詳しくはこちらのページをご覧ください。


2016.4.13

日本学術会議主催学術フォーラム
原子力発電所事故後の廃炉への取組と汚染水対策


平成28年4月23日(土)
場所:日本学術会議講堂( 東京都港区六本木7丁目22番地34号)
主催:日本学術会議
参加費:無料


詳しくはこちら(pdf)をご覧ください。


2016.3.29

事務局からのお知らせ
事務局だより(2016年3月)


事務局便り内でお知らせしていますとおり、今回より電子版の事務局便りをHP上で公開します。
一部、プライバシーに配慮し、郵送でお送りしたものから変更しておりますので、ご了承ください。

まだ事務局便りが届いていない方は、住所が不明になっているケースが考えられます。事務局までその旨のご一報をください。

事務局便り電子版(pdf)


2016.3.29

第38回研究大会個人研究発表・ワークショップの募集

11月26,27日:高千穂大学
くわしくはこちらをご覧ください


2016.3.29

研究奨励賞

2015年度第4回受賞者は、宮原克典氏(「Perceiving other agents: Passive experience for seeing the other body as the other’s body」)です。

詳しくはこちらをご覧ください。


2016.3.23

国際ワークショップのお知らせ
HUSSERL-ARCHIV
WORKSHOP
PHÄNOMENOLOGIE


ディーター・ローマー教授(Prof. Dieter Lohmar)より、以下のようなお知らせをいただいております。

im Husserl-Archiv
der Universität zu Köln
am Freitag, den 22. April 2016


ich möchte Sie hiermit auf einen „Workshop Phänomenologie“ aufmerksam machen, den das Husserl-Archiv der Universität zu Köln am Freitag, den 22. April 2016, 10-18 Uhr, im Husserl-Archiv Kerpener Str. 30 (Souterrain)

veranstaltet. Ein Plakat mit den Vorträgen finden Sie im Anhang. Wir möchten Sie auf diesem Wege ebenfalls darum bitten, diese Veranstaltung interessierten Kollegen und Studierenden durch Aushang bekannt zu machen.


詳しくは(ausführlich)こちらのポスター(PlakatWoS_22_APR_2016WEB.pdf)をご覧ください。


2016.2.11

インガ・レーマー教授講演会
"Genetic Phenomenology in Husserl’s late Ethics"


日時:3月8日(火)15:00-17:00
場所:大阪大学文学部本館2階大会議室
 http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access
 (豊中キャンパスMAPの4.文法経済学部本館)
主催:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学
共催:立命館大学・間文化現象学研究センター
参加自由、予約不要。


講演・ディスカッションは英語で行われます(通訳なし)。
ドイツ語・フランス語での質疑応答にも対応できます。


連絡先:浜渦辰二(cpshama[at]let.osaka-u.ac.jp)
 [at]は@にご変更の上、ご連絡ください。
講演後の懇親会(石橋界隈未定)に参加希望の方は、予め浜渦までご一報ください。


詳しくはこちら(in detail)またはこちらのポスター(pdf)をご覧ください。

2016.2.9

世界哲学会議(WCP)のお知らせ
WCP北京大会のお知らせ


2018年に開催予定の世界哲学会議(WCP)北京大会のFirst-Circular が送られてまいりました。

詳しくはこちら(in English)または(en français)をご覧ください。

2016.1.30

サマースクールのお知らせ
Summer School in Phenomenology and Philosophy of Mind 2016



Registration for Summer School in Phenomenology and Philosophy of Mind 2016 is now open via this webpage http://cfs.ku.dk/summer-school-2016/


The Summer School will take place August 15-19 at University of Copenhagen


The summer school will provide essential insights into central themes within the philosophy of mind, viewed from a phenomenological perspective. It will consist of a mixture of keynote lectures, PhD presentations and seminars aimed at advanced MA and PhD students.

The keynotes of this year’s summer school are:
Giovanna Colombetti, University of Exeter, UK
John J. Drummond, Fordham University, New York, USA
Shaun Gallagher, University of Memphis, USA
Søren Overgaard, University of Copenhagen, DK
Dan Zahavi, University of Copenhagen, DK

Deadline for registration is 8 May 2016:

Early Bird registration fee (until 31 March) is 600 DKK including VAT.
Regular registration fee (from 1 April - 8 May) is 750 DKK including VAT.
The fee covers coffee breaks, one common dinner, a reception at the Center for Subjectivity Research and an excursion in Copenhagen.


詳しくは(in detail)こちらのホームページ(webpage)あるいはポスター(poster)をご覧ください。
または、practical organizer and administrator Merete Lynnerup, mly[at]hum.ku.dkにご連絡ください。
(Please change [at] to @)

2016.1.28

日本フィンランド共同研究/国際シンポジウム
Finnish-Japanese Research Collaboration: International Symposium

「傷つきやすさと限界の現象学」
"Phenomenology of Vulnerability and Limits"


日時:2016年3月1~3日 10:00-18:00 (1日は17:00まで)
場所:大阪大学豊中キャンパス 待兼山会館 会議室
主催:大阪大学大学院文学研究科臨床哲学

Date: 1-3 March 2016
Place: Osaka University, Toyonaka Campus, Machikaneyama Facility, Conference room
Organized by the Section of Clinical Philosophy, Graduate School of Letters, Osaka University


入場無料・参加自由・申し込みの必要なしです。発表・質疑応答とも使用言語は英語で、通訳はつきません。奮ってご参加ください。

会場は、下記の地図のうち、「豊中キャンパスMap」の「7.日本学棟」の南の道路を西に向かって階段を上って行った上の右側に見えてくる建物です。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access


ポスターは、下記からご参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~cpshama/clph/finnish-japanese-collaboration-20160301-03.pdf

参加者全員の自己紹介は、次からご参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~cpshama/clph/Self-Introduction.pdf

問い合わせは、川崎唯史(t.kawasaki502[at]gmail.com)まで、ご連絡ください。
[at]は@にご変更の上、ご連絡ください。


詳しくはこちら(in detail)をご覧ください。

2016.1.20

International Conference
The 3rd Conference on Contemporary Philosophy in East Asia
(CCPEA 2016)

Date: August 19-20, 2016
Place: Seoul National University, Seoul, Korea.

The 3rd Conference on Contemporary Philosophy in East Asia(CCPEA 2016) aims to bring together philosophers in East Asia to present and discuss their current works. It follows the spirit of the previous CCPEAs held in Taipei, 2012 and in Kyoto, 2014, with the hope that it will facilitate academic exchanges and research collaborations among philosophers working in the East Asian region.

Call for Papers

CCPEA 2016 invites contributed papers and contributed symposia on topics in contemporary philosophy, broadly construed, including the following areas: logic, metaphysics, epistemology, philosophy of language, philosophy of mind, philosophy of science, ethics, political philosophy, aesthetics, philosophy of religion, Asian philosophy, European philosophy, comparative philosophy, and history of philosophy in contemporary perspective.
Although analytic approaches are preferred, continental and other approaches are also welcomed.
Please submit an abstract prepared for anonymous review as an e-mail attachment to ccpea2016@snu.ac.kr by March 6, 2016.

くわしくはこちら(in detail)あるいはこちら(pdfファイル)をご覧ください



2015.12.24

日本語用論学会からのご連絡
「メタファー研究会」設立およびキックオフ・ミーティングのお知らせ


日本語用論学会では、メタファーに興味ある人に意見交換の場を提供し、参加者の交流と親睦を図るため、メタファー研究会を設立します。
つきましては、以下のような日程でキックオフミーティング(第1回研究会)を開催したく存じます。
参加は無料です。お誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください。
参加ご希望の方は、事前にこちらのフォームからお申し込みください。
ご不明な点は、事務局(大神雄一郎 ohsilly49[at]gmail.com)か、
鍋島弘治朗(spiralcricket[at]gmail.com)までご一報ください。
([at]を@に変えてご連絡ください)


日時:2016年3月17日(木)10:00-17:45
場所:関西大学千里山キャンパス A601教室


詳しくはこちらのホームページ(外部リンク)をご覧ください。


2015.11.12

国際シンポジウム
「『物質と記憶』を解剖する
 ——ベルクソンと現代知覚理論・時間論・心の哲学」

場所:法政大学・明治大学・京都大学
日時:12月10日・11日・13日
主催:平成27年度科学研究費補助金・基盤研究(B)
「ベルクソン『物質と記憶』の総合的研究
―国際協働を型とする西洋哲学研究の確立」
(課題番号:15H03154)
後援:ベルクソン哲学研究会、法政大学、明治大学、京都大学、
福岡大学、九州産業大学



詳しくはこちらのパンフレット(pdfファイル) ならびにホームページ(外部リンク)をご覧ください。


2015.11.6

第15回河合臨床哲学シンポジウム
「生きられる死」

場所:東大鉄門記念講堂
日時:12月13日(日)11:00~18:00
参加費:1000円(学生は無料)


詳しくはこちらのパンフレット(pdfファイル)をご覧ください。


2015.10.29

第37回研究大会プログラム

2015年11月7、8日、同志社大学(新町キャンパス)にて第37回研究大会が開かれます。
プログラム・要旨集が完成しましたので、ご覧ください。
シンポジウムの要旨を追加しました。(2015.10.15)

障害のある方のための質疑応答などに対する補助について
昨年度の男女共同参画・若手研究者支援WGからの提案によって、今年度の研究大会から障害のある人のための質疑応答などに対する補助について配慮することになりました。
つきましては、補助を必要とされる方は、準備の都合上、事前にご事情についてご連絡くださいますようにお願いいたします。(2015.10.29)

第37回研究大会プログラム
要旨集
シンポジウム提題要旨
また、詳しくは
こちらをご覧ください。


2015.10.24

リンク切れ修正のお知らせ

国内・海外サイトへのリンク切れを大幅に修正し、いくつかのリンクを追加しました。


2015.10.19

ダン・ザハヴィ教授連続講演会のお知らせ

【講演1】
"Self and Other"

日時:10月26日(月)18:00〜19:30
場所:北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)W409
主催:科学研究費補助金・基盤研究(C)
「現象学の媒介論的展開」(課題番号25370001, 研究代表者・田口 茂)

問い合わせ先:北海道大学大学院文学研究科・田口 茂(tag[at]let.hokudai.ac)
[at]を@に変えてください。

【講演2】
"Empathy, self-alienation, and group identification"

日時:10月29日(木)17:10~18:40
場所: 東京大学本郷キャンパス 法文1号館315教室
主催:東京大学大学院人文社会系研究科哲学研究室
共催:哲学会、科学研究費補助金・基盤研究(C)「現象学の媒介論的展開」

問い合わせ先:東京大学大学院人文社会系研究科哲学研究室(doxa[at]l.u-tokyo.ac.jp)
[at]を@に変えてください。

【講演3】
"Continental philosophy vs analytic philosophy:
  philosophy of language, phenomenology and philosophy of mind"

日時:10月30日(金) 17:00〜18:30
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階G-SEC Lab.
          (東館は東門に位置している建物です。)
主催:慶應義塾大学 「論理と感性のグローバル研究センター」
共催:科学研究費補助金・基盤研究(C)「現象学の媒介論的展開」

問い合わせ先:慶應義塾大学文学部 岡田光弘研究室 講演会事務局
(philosophy[at]abelard.flet.keio.ac.jp)
[at]を@に変えてください。

言語:すべて英語

くわしくはこちらをご覧ください。



2015.10.14

Tokyo Workshop
Sources of Rationality
– Heidegger on Freedom and Normative Constraint

Date: 21th of October 2015.
Place: University of Tokyo, Komaba I Campus, Building 18, 4th Floor, Room 1.
(http://www.c.u-tokyo.ac.jp/eng_site/info/about/visitors/maps-directions/)
Organizers: Dr. Rasmus Thybo Jensen and Dr. Kohji Ishihara (Department of History and Philosophy of Science, University of Tokyo)

In recent years a number of authors have engaged with Heidegger’s philosophy by placing it in the context of a broader, ongoing discussion concerning the nature of reasons (for judgement and for action) and the fundamental sources of normativity and rationality. In this workshop we focus on two texts by Heidegger that are particularly apt for bringing his thinking in contact with such ongoing discussions. The purpose of the workshop is to engage in detailed discussion of the issues at stake in these texts through a close reading of them. The contemporary debates will serve as a background for our discussion but our main focus will be on a critical engagement with the analyses, arguments and concepts present in the texts under scrutiny.

くわしくはこちら(in detail)をご覧ください



2015.10.6

Internationale Conference at the Husserl-Archive
 “Fühlen, Denken, Erkennen.
   Erfahrungsphänomenologie im Spannungsfeld
   zwischen Mensch und Tier”

16.–17.10. 2015, Hauptgebäude der Universität zu Köln (Senatssaal)
(16.–17.10. 2015, University of Cologne)

veranstaltet vom Husserl-Archiv der Universität zu Köln in Kooperation mit dem Husserl-Archiv Leuven, anlässlich des sechzigsten Geburtstag von Professor Dieter Lohmar, aufmerksam machen.
(organized by the Husserl-Archive of the University of Cologne in cooperation with the Husserl-Archive Leuven in honours of Professor Dieter Lohmar.)

Nähere Informationen finden Sie unter:
(For further Information please see:)
http://www.husserl.phil-fak.uni-koeln.de/23680.html

くわしくはこちら(in detail)をご覧ください



2015.9.4

リチャード・メナリー連続講演会
 「認知的統合と文化的ニッチ」

Lecture1: Integrated Cognitive Systems
日時:2015年9月18日(金)14時〜16時半
会場:立正大学(品川キャンパス)11号館第6会議室

Lecture 2: Cognitive Transformations: Enculturating Cognition
日時:2015年9月19日(土)16時半〜19時
会場:中京大学(名古屋キャンパス) センタービル8階 0805教室

Lecture 3: The Plasticity of the Modern Mind
日時:2015年9月26日(土)13時〜15時半
会場:立教大学(池袋キャンパス)7号館7302教室

くわしくはこちらをご覧ください。

2015.7.20

International Workshop
 “After all, what is Disjunctivism?”

The term “disjunctivism” was originally introduced in philosophy of perception but has more recently been employed in other areas of philosophy in particular in philosophy of action. Disjunctive accounts of perception are highly contested and there is no one understanding of what disjunctivism amounts to amongst its proponents. Why then should we think a disjunctivist approach could and should be employed in other areas of philosophy? The disjunctive approach to perception could seem to be either trivially true or obviously false. If it merely claims that successful perception and hallucination are significantly distinct in that we can see an environmental object only in the former case, it seems trivially true. If it claims that there is nothing in common between hallucination and successful perceptions, it seems obviously false. Surely something must be in common. So what exactly is the claim of the disjunctivist? To answer such questions we need to become clear on the nature of problems that motivated disjunctivism in the first place.


The aim of this workshop is to clarify the motivation for disjunctivism and to identify the most fundamental disputes concerning the position. Solving this task would help us evaluate the potential of employing a disjunctive approach to problems in other areas of philosophy, in particular in philosophy of action. Our basic question is: What could the common nature between problems in philosophy of perception and problems in philosophy of action be, such that a transfer of the disjunctive approach to the area of action could so much as look promising?

Date: 30th July 2015.
Place: Hokkaido University
      (Conference Hall, the meeting room 5:学術交流会館 第五会議室 )

You do not have to register for this workshop. It will be our pleasure to welcome your attendance.


くわしくはこちら(in detail)をご覧ください



2015.6.2

ショーン・ギャラガー講演会
 “Pluralist Approaches to Social Cognition”

ギャラガー氏の唱えた「直接知覚説」あるいは「相互行為説」は、他者理解をめぐる近年の認知哲学の議論で最も大きな注目を浴びている立場の一つです。この講演会では、他者理解に関するギャラガーの最新の研究成果を紹介してもらいます。(使用言語:英語)


日時:2015年6月25日(木)16時〜18時半
会場:東京大学(駒場キャンパス)18号館 コラボレーションルーム2
参加無料/登録不要

くわしくはこちらをご覧ください


2015.5.11

京都カンファレンス2015
「拡張した心を超えて~異邦の身体、人形、女の魂、東洋の精髄」

(日時)
2015年6月20日(土) 09:00~19:00(初日終了後に懇親会あり)
2015年6月21日(日) 09:00~18:00

(場所)
京都大学吉田南キャンパス 吉田南総合館 共北25講義室
会場へのアクセスは以下をご覧ください。。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_ys.html


(その他)
・事前申し込み不要、どなたでも参加できます。
・参加は無料です(初日夜の懇親会のみ有料)。
・使用言語は日本語です(ギャラガー氏の講演は英語)。

(プログラム・ポスター)
・プログラムははこちらから(PDFファイル)。
・ポスターははこちらから(PDFファイル)。


(問合せ先)
京都大学こころの未来研究センター
門前斐紀(もんぜん・あやき)
pikkumoi9[at]gmail.com
[at]を@に変えてください。

(主催)
・京都大学こころの未来研究センター・こころ観プロジェクト (代表者:鎌田東二)
・科研費・基盤研究(A)「知のエコロジカルターン:人間的環境回復のための生態学的現象学」
(課題番号24242001,研究代表者:河野哲也)
・科研費・基盤研究(B)「Embodied Human Science の構想と展開」
(課題番号15H03066,研究代表者:田中彰吾)


詳細はこちら



2015.3.19

事務局移転のお知らせ

2015年4月1日より、事務局が同志社大学から立教大学へ移転します。それに伴いまして、事務局の連絡先が以下に変更となります。

〒171-8501
東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学文学部 河野哲也研究室
℡:03-3985-3569
Email:paj-office@pa-j.jp

入退会、研究大会への発表申込などは、新事務局へお送りくださるようお願いいたします。



事務局連絡先

日本現象学会事務局
〒171-8501
東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学文学部 河野哲也研究室
Tel:03-3985-3569
E-mail:paj-office@pa-j.jp

会費納入先

郵便振替
00980-9-109153