the phenomenological association of japan

日本現象学会

The Phenomenological Association of Japan


| HOME | 会則 |

更新日 2011-04-03 | 作成日 2008-05-25

日本現象学会会則

第一条 本会は日本現象学会(The Phenomenological Association of Japan)と称する。

第二条 本会は現象学の研究を進め、その発展をはかることを目的とする。

第三条 本会はこの目的を達成するために左の事業を行う。

  • 1 年一回以上の研究大会の開催
  • 2 国内および国外の関係学術団体との連絡
  • 3 会報および研究業績の編集発行

第四条 本会の会員は現象学に関心を持つ学術研究者とする。入会には委員会の承認を要する。

第五条 本会は左の役員をおく。

  • 委員  若干名
  • 会計監査 二名

第六条 総会は年一回定期的に開き、その他必要があれば、委員会の決議によって臨時に開くことができる。総会は会の活動の根本方針を決定し、会員の中より委員および会計監査を選出する。また、総会は一般報告ならびに会計報告を受ける。

第七条 委員の任期は四年とする。

第八条 会計監査の任期は四年とする。会計監査は他の役員をかねることができない。

第九条 役員はすべて重任を妨げない。

第十条 委員は委員会を構成し、総会の決定にしたがって会の運営について協議決定する。

第十一条 会計監査は年一回会計を監査する。

第十二条 会員は会費として年一〇〇〇円を納入する。

第十三条 本規則は委員会の決議を経て変更することができる。但し、総会の承認を要する。

(昭和五五年五月三〇日制定)
(会費は昭和六二年度より『年報』代を含め三〇〇〇円に改訂)

事務局連絡先

日本現象学会事務局
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1番2号
大阪大学人間科学研究科基礎人間科学講座現代思想研究室
Tel:06-6879-8075
E-mail:paj-office@pa-j.jp

会費納入先

郵便振替
00980-9-109153